VINUM Pouring-wine

ワインの基礎知識

  (Last Update:2019.01.30)

<ワイン入門>分かりやすい!簡単マリアージュの基本 Part 2

『マリアージュ』2つ目のヒントは、料理とワインのもつ風味の組み合わせについて考えてみること。つまり、全く異なる風味を合わせるのがおもしろいのか、または似た味わいを持ってくる方が良いのか・・・。いろいろ試してみたいところです。

ヒント2:  料理とワイン、対比させるか同調させるか

ヒント1についての記事は、こちらから。

『対比のマリアージュ』について

まずは、『対比のマリーアジュ』。

ここでのポイントは、料理とワインを一括りと考えて、風味のバランスを作り上げること。要は、お互い足りないものを補い合う発想です。

例えば、酸味のすごく強いワインと揚げ物の組み合わせは、この『対比のマリアージュ』の分かりやすい一例で、ワインの酸味が料理の油っこさを中和してくれるのです。

VINUM Tempura

スッキリ爽やかで、酸味の強い【シャブリ(Chablis)】のようなスタイルのワインなら、天ぷらにもぴったり。ワインが、レモンをギュッと絞るような効果をもたらしてくれます。以前紹介した「オーストリア白【グリューナー・ヴェルトリーナー(Gruner Veltliner)】×トンカツがおいしいワケ」の記事でも、この『対比のマリアージュ』が実現しています。

 

他にも、シカ肉または鴨などのシンプルなローストに、『ニューワールド』の【ピノ・ノワール(Pinot Noir)】やフルーツ感たっぷりの【シラー(Syrah)】などの赤ワインを合わせるのもそうですね。よくジビエや鴨には、その味をうまく引き立てるフルーツコンポートやジャムのようなソースを合わせますが、ワインからこの効果を得ることもできるというわけです。

 

また、料理で合う風味の組み合わせを考えた上で、それをワインと置き換えるのもひとつの手です。

例えば、ココナツとライム。おいしい鉄板の組み合わせですよね。ココナツの香りが広がるカレーに、ライムの風味で名高いオーストラリア産【クレア・ヴァレー・リースリング(Clare Valley Riesling)】なら、バッチリ合うこと間違いなしです。

『同調のマリアージュ』について

もうひとつは、『同調のマリアージュ』。

簡単に言ってしまえば、料理の主となる風味を見つけ出し、似た味わいをもつワインを合わせるということ。

似た者同士の組み合わせで、『対比のマリアージュ』とは逆の考え方ですね。これによって、料理のメインとなる味わいを倍増し、おいしさも二倍!というわけです。

VINUM White-wine-glass

この方法に従うと、クリーミーなソースでいただく魚や鶏肉には、オーク樽で熟成されたタイプの【シャルドネ(Chardonnay)】、【シュナン・ブラン(Chenin Blanc)】または【ローヌ(Rhone)の白】などフルボディでクリーミーな味わいの白ワインが良さそう。

また、胡椒のきいたステーキには、ピリッとした【シラー(Syrah)】を。ゆず胡椒を使っているなら、ホワイトペッパーやハーブなどの香りをもつ【グリューナー・ヴェルトリーナー(Gruner Veltliner)】を試してみましょう。きのこを使った料理には、【ピノ・ノワール(Pinot Noir)】または【ネッビオーロ(Nebbiolo)】はどうでしょうか。独特な土臭さのただよう味わいが、きっときのこに合うはずです。

応用編

ところで、『対比のマリアージュ』と『同調のマリアージュ』、どちらか選ばないといけないと思っていませんか?

ときには、ひとつの料理に対して、両方の考え方を活用することもできるんです。

VINUM Fish-and-Chips

オススメは、【シャンパン(Champagne)】とフィッシュ&チップスというワクワクする組み合わせ。シャンパンの強い酸味がレモンの役目を果たし、揚げ物の油っこさを中和する『対比』の関係を見せる一方で、リッチなブリオッシュを思わせるシャンパン独特の香りが、衣とみごとに『同調』します。

これ、本当においしい『マリアージュ』なので、ぜひぜひお試しください。

以下の記事も、よかったら参考にしてください。




ピックアップ記事

  1. 本当に必要なの?ワインの『デキャンタージュ』って何のため?
  2. <ワイン入門>分かりやすい!簡単マリアージュの基本 Part 2
  3. フランスワインラベルの読み方は『アペラシオン』にヒントあり!
  4. 「魚と赤ワインは合わない」はマリアージュの常識?それともウソ?
  5. なるほど!ワインの保管方法・最新版

関連記事

  1. champagne

    ワインの基礎知識

    解説!シャンパンのラベル(エチケット)の読み方

    一見分かりにくいシャンパンボトルのラベル(エチケット)。実は、よく見る…

  2. VINUM Food parings

    ワインの基礎知識

    <ワイン入門>正しい『マリアージュ』って何のこと?

    料理とワインの『マリアージュ』ってよく聞くけれど、「それって一…

  3. VINUM French-flag

    ワインの基礎知識

    フランスワインラベルの読み方は『アペラシオン』にヒントあり!

    フランスワインといえば。産地を意味する『アペラシオン(Appe…

  4. VINUM salmon-on-plate

    ワインの基礎知識

    「魚と赤ワインは合わない」はマリアージュの常識?それともウソ?

    結論から。魚と赤ワインの『マリアージュ』、アリなんです!昔…

  5. Meat-market

    ワインの基礎知識

    本当に合うんです!お肉と白ワインの『マリアージュ』

    以前、「魚と赤ワインの『マリアージュ』がいける!」と書いたのですが。…

  6. VINUM Decanters

    ワインの基礎知識

    本当に必要なの?ワインの『デキャンタージュ』って何のため?

    『デキャンタージュ』とは。飲む前に、『デキャンタ』と呼ばれるガラス…

Recent Posts

  1. VINUM-Oyako-Riesling2
  2. VINUM-orange-1
  3. VINUM_Banyuls-cheese
  4. Charcuterie-3_1
  5. Chairs in Greece

Archives

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
  1. VINUM pheasant

    料理とマリアージュ

    <今日のマリアージュ>渋みの少ない赤ワインが合う!フランス北ローヌ【シラー】 ×…
  2. VINUM Natto

    料理とマリアージュ

    <今日のマリアージュ>奇跡の組み合わせ!【マン・オ・ウォー】白ワイン × 味噌&…
  3. VINUM Chinese-lantern

    料理とマリアージュ

    <今日のマリアージュ>スペイン赤ワイン【フミーリャ・モナストレル】 × 中華風炒…
  4. VINUM Puttanesca

    料理とマリアージュ

    <今日のマリアージュ>赤ワイン【アリアニコ】 × ナポリ名物パスタプッタネスカ
  5. VINUM Salad

    料理とマリアージュ

    <今日のマリアージュ>暑い夏日に!辛口白ワイン【フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ…
PAGE TOP